ベンベルグ とは

ベンベルグコットン(綿)から生まれます。

コットンボールからとれるコットンリンターが原料です。

コットンリンターを溶かして、一本の糸にして巻き取ります。

こうして、綿からベンベルグが作られます。


現在フィラメントは日本とイタリアで生産されていますが、
実質的には殆ど日本だけと言ってもよいでしょう。

用途は、ライニング(裏地)を始めベルベット、高級織りネーム、
インナー、高級ドレープカーテンなど衣料、資材と多岐に亘って
いますが、その特性を活かして腎臓透析用のホロー・ファイバー
(中空糸)のように、医療関係に使用されているものもあります。

メーカーは 旭化成(株) です
asahi_s


ベンベルグについて へ